うつ病の症状|周りの人の気づき方と対処の方法

女性のうつ病について

ウーマン

女性は男性に比べて2倍うつ病にかかる確率が高いともいわれています。なぜ女性はうつ病になりやすいのでしょうか。原因や症状をみていきましょう。女性は生理があるため、どうしてもホルモンバランスが乱れがちになってしまいます。ホルモンバランスが乱れると心や体に大きな普段がかかり、ストレスに対処する能力も落ちてしまいます。様々な症状も現れるでしょう。また、出産に関してもホルモンバランスや体調が大きく変わる要因ということが言えます。こういった体調による影響を受け易いことに加えて、職場でのセクシャルハラスメントなどの性的な被害を受けてしまうこともあります。このような理由で、女性は男性よりも精神的や肉体的にストレスに受けやすいと知りましょう。女性がうつ病にならないための社会的な環境を整えるためにはどうすればよいでしょうか。まず女性は体調によるストレスの影響を受けやすく、うつ病にかかりやすいということを男性側がしっかりと理解しましょう。体調を崩しがちな女性を前にして、もっと頑張れなどと言ったりすることは絶対に避けましょう。また、食事やデートにしつこく誘うという行為もなるべくは控えてあげて下さい。上司などに食事に誘われると無下に断れないという面もあります。男性はそういったことも考慮しましょう。うつ病の初期症状が出ないような環境作りが大事です。働いている女性が出産に入るといったときに、快く送り出してあげられる体制や産休後に戻ってこられるような職場づくりは社会にとって非常にプラスになります。うつ病の症状に悩む女性を一人でも多く減らしましょう。